チャットレディの確定申告ルールと注意点!いくら稼ぐと必要?

スマホを使う女性

本記事では、チャットレディの確定申告ルールや注意点などを総合的に解説していきます。利用するチャットレディ求人サイトのお仕事内容によって確定申告のルールが異なる可能性がありますが、基本的にいずれのチャットレディ求人も本記事で解説している確定申告ルールに基づいて対応可能です。

ただし、会社によっては条件を満たせば社会保険適用で会社員のようにチャットレディのお仕事をすることも可能です。チャットレディ初心者で働いてみたいと考えている人は、本記事で確定申告の基礎知識を学びましょう! 実際に申告するときの注意点などは働く求人サイトのサポート担当に確認することで詳しい流れを確認できます。会社に副業がバレないか? 旦那に副業がバレないか? などの観点も合わせて確認してください。

本記事のポイント

  • チャットレディのお仕事は確定申告が必要
  • チャットレディ以外の給与収入がある会社員・アルバイト・パートは年間20万円未満の収入なら確定申告が不要
  • 専業主婦は年間38万円未満の収入なら確定申告が不要
  • 業務委託契約で源泉徴収なし・マイナンバー提出の求人サイトも多い
  • 確定申告するならFreeeや弥生会計などのクラウド会計ソフトを使うのがおすすめ

チャットレディで確定申告が不要なケース

まず、チャットレディの仕事をしている女性で確定申告が不要なケースを確認してください。

  • 副業で年間の収入が20万円未満(会社員、アルバイト、パートなど仕事をしている人)
  • 年間収入が38万円未満(仕事をしていない専業主婦、チャットレディの仕事だけの個人事業主)

確定申告が不要になるケースは上記の通りです。チャットレディ以外に給与収入などがある人は、チャットレディの年間収入が20万円未満なら確定申告不要です。

例えば、会社員で年収が300万円とした場合、会社の給与所得以外にアルバイトやチャットレディの副収入がある場合でも、全ての副業の合計収入が年間20万円を超えなければ基本的に確定申告は不要です。

また、飲食店のパートで月に5万を稼ぐ主婦も同様にアルバイトの給与所得以外に年間で20万円を超えなければ確定申告不要です。

チャットレディ以外に給与収入がない専業主婦・個人事業主は、チャットレディの収入からパソコン代などの経費を差し引いた所得が38万円を超えない場合、確定申告が不要となります。

確定申告における基礎控除は38万円に設定されているので、38万円を超えない限り確定申告しなくても問題ありません。

注意点

チャットレディやその他副業などで上記の合計収入が年間20万円、もしくは年間38万円を超えている女性は確定申告が必要なので注意してください!

チャットレディの確定申告の注意点

続いて、チャットレディの確定申告で理解しておきたい注意点を順に確認していきましょう!

チャットレディの確定申告で会社や旦那に副業がバレる?

確定申告しても会社にチャットレディの副業がバレないケースがあります。

まず、大前提として会社がそれぞれの社員が確定申告を行っていることを把握することはできません。

会社がチャットレディの副業を把握できるケースで多いのが、住民税の通知です。

チャットレディの確定申告を行うと、会社の給与収入と副業のチャットレディの収入が合算されて、1年間の所得が決定します。

原則、住民税は会社の給与から毎月天引きされる特別徴収の方式がとられています。確定申告で住民税の徴収を「給与から差引き」で申告した場合、市区町村は本業の会社の住民前の通知を行う仕組みになっており、通知が会社に届いたタイミングで会社が把握している住民税の金額と差異が生まれてしまいます。住民税の通知で会社にチャットレディの副業がバレる可能性があります。

しかし、チャットレディは業務委託契約でお仕事をする仕組みになっている求人サイトが多いため、源泉徴収なし・マイナンバー提出不要のケースが多いです。

チャットレディは給与所得以外の副業なので確定申告の時に「自分で納付」を選択可能です。自分で納付を選択すれば毎年6月〜7月頃に副業のチャットレディで得た所得に対しての住民税の納付書が郵送で自宅に届きます。

ただし、市区町村によっては対応が異なるケースもあります。万全を期してほしいので直接市区町村の確定申告の申請窓口に電話で確認してください。

なお、本記事で解説している内容は100%チャットレディの副業がバレないことを保証するものではありませんので、会社の就業規則を確認した上で上司に副業OKの交渉をすることも検討してください。

注意点

あなたが旦那さんの扶養家族になっている場合、年間の所得が夫の不要の範囲を超えると旦那さんの会社に通知が行くのでチャットレディの仕事が旦那さんにバレる可能性が高くなります。旦那さんにもバレたくない人は、扶養内の所得上限にも注意してチャットレディのお仕事をしましょう!

確定申告しないと脱税になる?

原則、確定申告しないと脱税になってしまいます。稼いでる金額が少ないから自分だけは大丈夫という考えを持つ女性もいますが、納税は国民の三大義務です。そのため、納税が必要な収入以上を稼いでいる場合、毎年3月中旬の確定申告の締切日までに手続きを行う必要があります。

確定申告していないのがバレて悪質性が認められた場合、加算税や延滞税などが発生するので注意しましょう!

専業主婦でも開業届を出した方がいい

開業届を出すことで税務署に事業としてチャットレディを行うという申請ができるため、専業主婦でも開業届を出すメリットはあります。開業届を出さない場合、事業としてではなくなってしまうので、経費として引ける金額や範囲が狭くなってしまいます。チャットレディをメインの仕事として続けるなら開業届を出せばOKです。

なお、チャットレディの職種はITサービス、サービス業、インターネット配信サービスなどの職種で書くのもOKです。

確定申告のサポートが手厚いチャットレディプロダクション

ポケットワーク
チャットレディの確定申告のサポートが手厚い求人サイトなら大手ライブチャットサービスと提携しているチャットレディプロダクションのポケットワークがおすすめです。

  • 初心者でも女性スタッフのサポートで安全に始められる
  • 全国8箇所に440室以上の個室チャットルームを保有しており無料利用可能
  • 総勢70名以上の女性スタッフがあなたのチャットレディデビューをサポート
  • 確定申告に関する質問にも真摯に対応

チャットレディを始める上で多い質問が確定申告に関する相談です。ポケットワークでは、チャットレディ経験者以外に確定申告に精通しているサポートスタッフが24時間365日サポートしてくれるので、実際に仕事を始める前に確定申告や会社に副業がバレるリスクの相談などが気軽にできる環境が整っています。

まずは、初心者向けに通勤報酬を1万円プレゼントキャンペーンを行っているポケットワークの公式サイトを確認しましょう!

チャットレディの仕事で経費にできる主な支出

チャットレディの仕事で経費にできるのは税理士によって解釈は異なります。基本的にチャットレディの仕事用に購入したスマホ、パソコン、Webカメラ、スマホアプリ、コスプレ衣装などは経費に算入可能です。

税理士によって家賃は全額経費算入不可、スマホは仕事専用でなければいけないなど判断が異なります。経費算入の重要な視点として、その経費を使うことで売上増加につながっているのか?という点です。

基本的にチャットレディの仕事をするにあたって購入した備品やソフトウェアなどは経費算入できます。なお、インターネット代やメイク代などはチャットレディの仕事でどれぐらい使っているかという点が焦点となります。本当にチャットレディの仕事でしか使わないメイク道具ならそれを証明できれば全額経費算入可能です。プライベートでも使う場合、チャットレディの仕事で半分使っているなら半分経費として算入することができるという流れとなります。

詳しくは税理士の人や会計フリーソフトのサポート窓口で相談するのが良いです。

それぞれ順に確認していきましょう!

家賃

チャットレディの仕事は基本的に在宅勤務となっているため、家賃の一部を経費として計上できます。ただし、10万円の家賃を全額経費にできるわけではありません。

あくまでチャットレディのお仕事で必要な面積を家賃に計上できます。ワンルームで部屋全体を使ってライブ配信するなら家賃の7割程度を計上することが可能なケースもあります。一般的に家賃の5割程度を経費として計上しておけば、税務調査の時に変に疑われる心配はなくなる可能性が高いです。

家賃の経費割合は大きいので、自分の判断に自信がないなら税務署や税理士先生に相談するのが得策です。

ポイント

携帯代、水光熱費、Wi-Fi費用なども同様にどれぐらいを経費にできるか判断が難しいです。家賃の経費割合と一緒に相談するのが良いでしょう。

パソコンやWebカメラなどの電子機器

パソコンとスマホ
パソコン、スマホ、Webカメラなどの電子機器は経費にすることができます。また、自分をきれいに見せるライブ配信用の照明、三脚なども経費にすることができます。

チャットレディのお仕事で効率的に稼ぐには自分を可愛く見せて常連客を増やすことが重要となります。照明など自分を可愛く見せることに使う電子機器は全て経費となります。

コスプレ衣装

ライブチャット配信で使う目的のみで購入したコスプレ衣装は全額経費にすることは可能です。女子高生やアニメキャラクターのコスプレ衣装を外出時も日常的に着る女性は少ないからです。ただし、あまりに数が多く経費に計上されていると税務調査が入ったときに「この女性はコスプレ自体が趣味でプライベートでも着ているのでは?」という疑いを持たれる可能性があります。

チャットレディのお仕事でのみ使ったという説明がしっかりできるようにしておくと良いでしょう。

特に水着配信をする女性などは注意が必要です。プライベートとしても活用できるため、しっかりライブ配信用に購入したという説明ができるようにしましょう!

カラコン・メイク道具・美容アイテム

メイク道具や美容アイテムは、チャットレディのお仕事をする上で欠かせない重要なアイテムです。自分を魅力的に見せるメイクは当然のことながら、ライブ配信受けするメイクや日常の自分とは違う雰囲気を演出することも重要となります。

基本的にメイク道具も仕事で欠かせないアイテムなので経費として計上することはできますが、プライベートでも使う用途が多いためどこまで経費に計上できるかは税理士判断となります。

例えば、月に20日チャットレディのお仕事をする人は月々のメイク費用の勤務日数に合わせて、美容関連に使用した費用の3分の2を経費計上するという考え方もできます。

いずれにせよ判断が難しいときは税理士の先生に相談するのがもっとも無難な選択となります。

チャットレディの仕事で経費にするのが難しい支出

続いて、チャットレディの仕事で経費にするのが難しい支出を確認していきましょう!

  • 食費・飲食費などの経費
  • 友人との飲食に使った交際費
  • プライベートでも着る頻度が高い普段着
  • 生活用品全般

主に上記の費用がチャットレディの仕事で経費にするのが難しい支出です。チャットレディの仕事とプライベートの線引が難しい支出が主に該当します。

ポイント

チャットレディ仲間と仕事の情報交換をするときの飲食費は経費にすることができるので、実際に食事をした人の名前や情報交換内容などをメモしておくのがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。チャットレディの確定申告ルールと注意点について解説しました。

チャットレディ求人サイトによって支払い条件や働き方は異なりますが、チャットレディのお仕事に限らず確定申告の条件や申請方法は日本共通です。

1月〜12月にチャットレディで稼いだお給料の確定申告を怠ると国民の義務である納税できません。また、確定申告をしないということは税務署に納めるべき税金を収めないことにもつながります。チャットレディ各社のサポート担当や税務署に確認してしっかり確定申告しましょう! 既に毎月のお給料から源泉徴収されているケースが少ないですが、支払いすぎている場合はお給料が戻ってくるので申請しないと損してしまいますよ!

最後に本記事の重要ポイントをおさらいしましょう!

チャットレディの確定申告について

  • 源泉徴収なし・マイナンバー提出なしのチャットレディ求人サイトも多い
  • 源泉徴収されない場合、会社の副業でバレる心配はない
  • 会社員が副業で年間20万円以上稼ぐなら確定申告が必要
  • 会社員の副業でも月に1万5千円程度メールレディで稼ぐなら会社にバレない
確定申告についての基礎知識

  • 会社員以外のフリーランスや個人事業主は確定申告が必ず必要
  • 確定申告は年間に稼ぐ金額の最低条件を超えると必須
  • 青色申告届を出せば控除が増える

誰でもスマホで簡単に高収入が手軽に稼げるチャットレディ求人を見つけよう

おすすめチャットレディ求人

チャットレディは在宅ワークで月収50万円以上も可能って知ってましたか?

ノンアダルト・アダルトから自由に選ぶことができる上に最大時給7,500円可能・最短即日・日払いOK・ノルマ無し・顔出しなしOKでメール投稿、動画投稿、音声通話、TV電話など自分のやりやすい働き方でお金を自宅で誰でも簡単にスマホ・パソコンで稼ぐことができます。

男性と直接触れ合うことがない上に住所・氏名・連絡先・電話番号などが誰かにバレる心配はゼロです。キャバクラやパパ活よりも簡単に始めることができる上に稼ぎやすい仕事はチャットレディです。賢くお金を稼ぎ始める最大のチャンスです!

お仕事スタートでもらえるお祝い金や新人特別報酬を上手に駆使して毎月50万円以上の安定収入を目指しましょう!本サイトが20社以上のチャットレディ求人を調査した上でおすすめできる厳選チャットレディ求人を今すぐチェック!